荻窪北保育園の保育

ogikita_copy ●園の保育目標 「じょうぶなからだ、たしかなかんがえ、ゆたかなこころをもったこどもに育てよう!」 そのために、保育学習をしっかり行い、保護者との連携を深くし、子ども達にできるだけよいものが与えられるよう努力しよう! ●保育の特徴 ▽自然との触れ合い大切にし、散歩に出る事が多いです。幼児クラスはバスや電車を使って少し遠い公園に足を伸ばして遊びに行くこともあります。 ▽各クラスでは、子ども達が主体的に遊べるように年齢に適した環境づくりや遊びの設定を行っています。 ▽子どもたちの「やってみたい」という思いや声を尊重し、0歳クラスから子どもたちとの対話を大切にしながら保育を進めるように心がけています。 ▽年長クラスになるとお泊り会があります。活動内容について「何をしたいか」子どもたちとゼロから話し合い、考え、決めていく活動は毎年個性に富んでいます。これまでも「川の探検」や「高尾山で虫とり」、「かっぱ探し」などなど、本当に多岐にわたる活動を行ってきました。 ▽夏になると屋上ではプールや水遊びを楽しみ、食育の一環として夏野菜も育てています。 ●特別保育事業 1.産休明け保育 *生後57日目からの保育 2.延長保育 *18時30分~21時30分(満1歳以上) *2時間以上延長の方は夕食対応。 夕食代は1食250円(申し込みは前月25日までに別紙にて) 3.一時保育(定員10名) *9時~17時の保育 4.地域子育て支援活動 ☆ふれあい保育 10時から12時まで親子で一緒に保育園の生活を楽しんで頂きます。料金は昼食代200円 ☆おおきくなあれ 地域の親子を対象に月1回児童館と一緒に子どもの身長、体重を測る。親子で楽しむ遊びを伝えていく。