荻窪北保育園の保育

ogikita_copy ●基本理念 1.「仕事と子育ての両立」を求める保護者が安心して預けられる保育園に 2.集団生活を通して、子ども達の「自律」へ向けての土台がしっかり培われる保育園に 3.保育者が、心身ともにゆとりを持ち、また、責任を持って保育にあたれる保育園に 4.保護者と保育者、また保護者同士の「共育て」が行われる保育園に 5.地域の人たちとの連携の中で、豊かな子育てができ、「子どもたちに最善のものを」という立場「よりよい保育」を目指していける保育園に ●園の保育目標 「じょうぶなからだ、たしかなかんがえ、ゆたかなこころをもったこどもを育てよう!」 そのために保育者は自らの実践を振り返り、研修を通じて絶えず保育について、そして現在の子どもを取り巻く社会や家庭の状況について学ぶと共に、子どもの姿や発達など、子どもの育ちを保護者に伝え共に考え、子ども達に出来るだけ良いものを与えられるよう努力しよう。   ●保育の特徴 ▽植物や生物など、自然との触れ合いを大切にしています。 ▽子ども達が主体的に遊べるように年齢に適した環境づくりや遊びの設定を行っています。 ▽子どもたちの「やってみたい」という思いや声を尊重し、0歳クラスから子どもたちとの対話を大切にした保育を進めるように心がけています。 ▽年長クラスになるとお泊り会があります。活動内容について「何をしたいか」子どもたちとゼロから話し合い、考え、決めていく活動は毎年個性に富んでいます。これまでも「川の探検」や「高尾山で虫とり」、「かっぱ探し」などなど、本当に多岐にわたる活動を行ってきました。 ▽夏になると屋上ではプールや水遊びを楽しみます。 ▽屋上での栽培活動やクラス毎の調理活動など、食材に触れる機会を持ち、「食」に親しみ、「食」を楽しめるような食育を心掛けています。 ●特別保育事業 1.産休明け保育 *生後57日目からの保育 2.延長保育 *18時30分~20時30分(満1歳以上) *2時間以上延長の方は夕食対応。 夕食代は1食250円(申し込みは前月25日までに別紙にて) 3.一時保育(定員10名) *9時~17時の保育 4.地域子育て支援活動 ☆ふれあい保育 10時から12時まで親子で一緒に保育園の生活を楽しんで頂きます。料金は昼食代200円※オンラインあり ☆おおきくなあれ 地域の親子を対象に月1回児童館と一緒に子どもの身長、体重を測る。親子で楽しむ遊びを伝えていく。